大漁2

seigohiraki

釣りをしていると人が話しかけてきます。
「何が釣れっだ?」「今日はどうよ?」という定番から、「こんな小せえの釣ってもしょうがあんめえ、おらあフッコが釣りてえ」という勝手にしやがれ的なものまで実にいろいろな人が聞いてきます。こちらは長靴に汚いジャンパー、年季の入った竿といういでたちですからさぞかしベテランに見えるのでしょうか。ちなみにセイゴはフッコの小さいの、さらに成長するとスズキになるそうです。出世魚であります。

一昨日は隣で釣っていた年配の紳士から、「この魚はどうやって食べるんですか?」と聞かれたので、塩焼きか煮付け、煮つけがお薦めですよ、と得意げに答えてしまいました。

3時間で19匹と、またまた記録更新です。

今回は6匹を刺身でいただきました。こりこりした歯ごたえ、噛むと甘味がじんわり口中に広がります。後味はさっぱり、ここがいまひとつ物足りないところか。でも、寿司ネタにもよさそうであります。

残り13匹は、写真のとおり。開いて塩水に一晩付け、干物に挑戦してみました。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。