うせもの いでし

「ぐわんもう叶ひがたし 病人おぼつかなし うせものいでがたし まち人きたらず やづくり、ひきこし、わろし たびだちわろし よめとり、むことり、人をかかへるわろし」

浅草寺のおみくじだそうです。もちろん凶。
こんなん引いたら今年一年怖いもんなしです。何か悪いことがあってもおみくじどおりって納得できます。

昔から気になっていたんですが、「うせもの」だけどうも並びが悪いように思います。
「よめとり」や「やづくり」などなど、ほかの事は一生を左右するような大きなことなのに、「うせもの」って、単に失くし物じゃないですか。

もちろん、大金や大事な書類なんかを失くしたら大変ですが、年に一度は酔っぱらってかばんや携帯を失くす人間にとっては、あんまりしょっちゅうあるんで、どうも軽んじてしまうのです。それがいけないのかもしれませんが・・・。

今日は、うせものが二つも見つかりました。

一つはクレジットカード。年末から行方不明になっていたのですが、記憶を辿るとガソリンスタンドで使ったのが最後、車の中を探しても見つかりませんでした。今日になってやっと、運転席のシートの助手席側の隙間を探してみて、見つけました。なぜ前に探したときにはこの隙間を見なかったんだろうと思いますが、不思議なことにそのときはそこに目が行かなかったのです。

もう一つは母親の健康保健証。これもまた記憶を辿ると、入院中の母から先週末に病院で預かってどこかに丹念に仕舞い込んだことまでは思い出すのですが、それがどこなのかがもやもやしていました。財布なのか、手帳なのか、それともそのときに持っていた母宛の郵便物の封筒になのか、でもいずれにもありません。結局そのとき着ていたジャンパーの内ポケットに入っていました。出てきて初めて、仕舞い込んだときの情景を思いだすことができました。

記憶とは本当に不思議なものです。
映画や小説で記憶を扱ったものがたくさんあるのもむべなるかなです。「博士の愛した数式」「メメント」「エターナルサンシャイン」「リセット」「明日の記憶」などなど。

よく、記憶自体は残っているけど、引き出せないだけだと言いますが、今日は二回も引き出す快感を味わいました。引き出せたことをよろこぶべきなのか、忘れてしまっていたことを嘆くべきなのか。たぶん前者でしょう。

「うせもの」がおみくじの一大テーマとなっている理由は、単に失くしたものが見つかるかどうかということではなくて、失くしたものを引き出す能力があるかどうかを示唆しているのかもしれません。脳の働きを占うということだとすると、「うせもの」が急に重要に見えてきました。

実はもうふたつ、ミニSDのアダプターと筆入れが去年から見当たらないんですが・・・。

Comment

大切なものが見つかってよかったですね。ホット一安心。
「記憶を引き出す快感」・・・私もよく味わいます。
失くしたものを引き出す能力がある,または,脳の働きをチェックしているのだと思えばよいのですね・・・ちょっと安心しました。
でも,「脳トレーニング」の良い方法がありましたら教えて下さいい。


  • 2008/01/17 03:35
  • 旅サラダ
  • URL
ラジオでやってましたけど、過去3日分の食事を思い出すと脳トレにいいそうですよ。私の場合は…

今朝 カレーライス
昨夜 豚肉しょうが焼き
昨日の昼 カレーライス
昨日の朝 ビスケット
一昨日の夜 豚肉しょうが焼き
一昨日の昼 カレーライス
一昨日の朝 セイゴの煮付け
一昨昨日の夜 カレーライス
一昨昨日の昼 雑煮

単調すぎて、これでは効果がありませんなあ。
  • 2008/01/17 06:18
  • おおみや
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。