スリランカの「ありがとう」は聞けるだろうか?

柄ではないのですが、連休の中日で人がいなくて、審査員なるものをさせていただきました。

英語・日本語スピーチ大会のでございます。“COM杯”という名称が付与されています。

総勢40名の小中高生とスリランカ人留学生が、日本語弁論、英語弁論、英語暗唱の腕を競いました。
未だに英語もろくに理解できないのですが、ALT(日本の小中学校で英語を教えている英語を母国語としている先生)の方々に混じって、発表を聞かせてもらいました。

おもしろかったですよ。うまいなあ、という子もいれば、棒読みだけど気持ちは伝わってるなあという子もいるし、テーマの選び方にはいまどきの青少年がどんなことを考えているのか、(よそいきだけど)少しは感じられました。
優勝者は「よさこい」の踊りに熱中している中学三年生の女子でした。4年前から銚子で「黒潮よさこい祭り」が始まったのですが、これにはまってるんですね。
嬉しかったのは、地域に愛着を抱いている人が多かったこと。都会へ出たいという気持ちもないではないですが、育ったところとして大事に考えているんですよね。私なんか、少しでも遠くへ行きたいという放浪癖ですから、みんな素直だなと感じました。

よく、世の中で起こっている紛争は、コミュニケーションの不足に起因している、コミュニケーション能力を高めることは「平和」につながるんだと言われますよね。私もそうあってほしいと思っています。

ところが最近これと正反対の言説に出会いました。

「言葉がお互いに通じない人同士と、言葉が通じてコミュニケーションがとれる人同士とでは、どっちが衝突が多いかというと、後者の方がはるかに多い。国家の間でも、協定を結んだ国同士のほうが、戦争勃発の可能性は高くなります」 
       (立松和平、西江雅之「国境なき自己主張の時代」朝日新聞1993年1月1日)

庄野護著『スリランカ学の冒険』(南船北馬舎1996)からの孫引きです。これもまた、むべなるかなと思います。口は災いの元ですから、ああ言わなければけんかにならなかったのに、なんであんなこと言っちまったんだっぺ、舌噛んで死んじゃいたい!という思いをした経験は誰もが持っているでしょう?

ちなみに、著者庄野氏が朝日の記事を引用したのは、スリランカでは「ありがとう」という言葉はめったに発せらず表情や仕種で感謝の意を表すという話の流れで、「感情を非言語的コミュニケーションで交流しあうことは、人間のコミュニケーションとしてはかなり高度な非暴力的(平和的)交流であるような気がするのである。」という仮説を補強するためでした。興味深いですね。

スピーチ大会に参加していたスリランカ人お二人には、このことを聞いてみることはできませんでした。でも、ウプルさんのスピーチには、「日本人が『ありがとう』と口にする習慣はすばらしい」とありまして、ふふ~んと思ったものです。

うまくいけば1月にスリランカに行く機会があります。「イストティ」という言葉が聞けるか、楽しみです。

Comment

スリランカ
ご無沙汰しております。ご活躍ですね。
私も偶然、スリランカのご縁が出来、1月ではありませんが、来年スリランカに行くことになるかも知れません。
  • 2007/12/06 18:11
  • 紫陽花
  • URL
  • Edit
お元気ですか
スリランカ、行かれますか。コロンボ?それともスリジャヤダナプラコッテ?
私は、いけなくなりました。何の仕事ですか?また教えてください。
  • 2007/12/06 22:09
  • omiya
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。