上水道が普及すると環境破壊が進む(?)

前回の記事で産廃処分場の許可処分が取り消されるという画期的な判決を千葉地裁が出したことをお伝えしました。

論点の一つとして、適用法のことを述べましたが、もう一つ大事な論点が「原告適格」の問題です。

原告適格とは、平たく言うと裁判を起こすことができる資格のことです。行政訴訟法では「法律上の利益を有する者」というよくわからない書き方がしてあります。

奄美大島のゴルフ場開発を巡って争われた「アマミノクロウサギ訴訟」では、アマミノクロウサギ、オオトラツグミ、ルリカケス、アマミヤマシギが原告に名を連ねて有名になりました。結局動物は原告にはなれないということで原告適格が認められませんでした(この判決では人間及び任意団体も原告であるが、「個別的利益を有する者には当たらず」原告適格が否定された)。

今回の産廃処分場許可処分取消訴訟でも、原告6名のうち4名については原告適格が認められませんでした。

逆に言うと、2名(AさんとKさん)の方はどうして原告適格が認められたのでしょうか?

判決文によると、Aさんは「地下水を生活用水及び農業用水として利用していること」、Kさんは「水田近くの湧水を配水管で水田に送水し利用していること」が決め手となっています。(Kさんの場合はさらに処分場予定地から200mの畑で耕作していることから「生命又は身体等に係る重大な被害を直接に受けるおそれがある」と述べられている)

つまりお二人とも地下水を利用しているわけです。原告適格を却下された他の方は、上水道しか利用していません。

これは皮肉な現象ですね。安全な飲料水を提供するための上水道が、環境を守るための数少ない手段である裁判を起こす資格を剥奪しているのです。

農業用の水についても、認められたお二人が灌漑用水を用いていれば適格性が認められなかったんですね。

今や上水道の普及率は96.3%だそうです。
地下水を利用しましょう!(但し、地盤沈下のおそれのないところで)


shouso2

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。