蛇園の春

  • Day:2007.03.07 22:57
  • Cat:
rape_cherry

近くに「蛇園」という素敵な名前の部落があります。「へびぞの」と読みます。畑ばっかりだったのがすっかり住宅地になりました。でもその一角に素敵な花の里があるんです。
春は桜と菜の花、秋はコスモスが、休耕田を一面鮮やかに彩ります。還来寺という山の中腹にある渋い寺もあって、私の好きな場所のひとつです。
今日は薄曇でしたので、思いっきり被写界深度を狭めようと、5.6の1/1600で撮りました。バックがあるからこそ、主役が引き立ちますね。あんまりよく撮れたんで、いつもの写真より大きめにします。クリックしてください。
それにしても、菜の花は英語でrapeっていうんですね。ちょっとかわいそうな気がします。

Comment

咲いてたんですね
飯岡駅前の宇井と申します。
以前産廃のページに来ていただいたと思います。
さて、例の菜の花畑のとことで咲いたんですね。
また小さい木かもしれませんが、春は来ているのですね。
  • 2007/03/21 21:12
  • 宇井淳
  • URL
コメントありがとうございます。
宇井さん、初めまして。ご覧いただきありがとうございます。
この桜は河津桜なんですね。一足早く春を告げてくれました。
またよろしくお願いします。
  • 2007/03/22 06:32
  • おおみや
  • URL
蛇園とは、なんだかエデンの園を連想させるような地名ですね。菜の花と桜の咲く。地名の由来は何なんでしょう。

菜の花をrapeと呼ぶのはかわいそうな気がしますが、欧米の人には春の花としての思い入れはないのかもしれません。紅葉に対する思い入れがないのと同じく。

一面の菜の花畑の美しさは、パキスタンでも見たことがありますが、マスタード・シードを取るための菜の花でした。

我が家の猫の額の庭では、ムラサキダイコンが咲き始めています。桜もようやくほころび始めたところです。来週の日曜日には満開でしょうか。これから花の季節ですね。
  • 2007/03/25 23:40
  • 紫陽花
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。