椿の海伝説

sateliteview

見慣れた東関東の衛星写真です。でもちょっと変だと思いませんか?利根川がやけに太い。印旛沼と一体化しています。それから利根川の右下、こんなところに湖ありましたっけ?

実はこれ、椿の海干拓前の下総地域の姿なのです(出典『千葉県の歴史』資料編考古3)。去年の8月16日の記事で触れましたが、今「干潟八万石」と呼ばれる大稲作地帯は江戸時代に湖を干拓してできたものなのです。

先日、県立東部図書館で2回連続の歴史講演会がありました。私は外遊中で拝聴できなかったのですが、資料だけいただいたところ、この写真があったのであります。さぞかしおもしろい講演会だっただろうと悔しい思いです。

もう一つの収穫は、椿の海伝説の詳細が分かったこと。なんと、松谷みよ子さんの本(講談社)で取り上げられていたのです。要約をご紹介。

昔々、葦原の中つ国にあったサルダビコという神様が、何を思ったか上総と下総の境あたりに椿の木を一本植えたところ、これが八万八千年後には梢は高天原に届くほど高く、枝や葉は三つの群に広がるほどの大木に育ったとのこと。春になって花が咲くと天が真っ赤になり、花が散ると地が真っ赤になったという。
ところが、いつのころからかおそろしい魔王がすみはじめた。その息を吹きかけられると人間、牛、馬はおそろしい熱病にかかって死んだ。
高天原から中つ国に下ってきたタケミカズチとイワイヌシがこのありさまを見て、魔王にいくさをしかけた。驚いた魔王は椿の木に抱きついてこれをゆすると大きな地震が起こった。魔王は大椿を引き抜き海めがけて放り投げ、これに乗って沖合い遠く逃げ出した。
大椿が投げ込まれたときのしぶきが滝のように天から降り注ぎ、椿を引き抜いたあとにたまって大きな湖になった。
これが椿の海である。

面白い話です。椿の花弁で大地が真っ赤になるさま、眼に浮かびませんか。

Comment

椿の海
椿の海、さぞ華やかでしょうね。私の生まれた九州では冬に椿が咲きます。時には雪に耐えて赤い花が鮮やかで、感動的です。

ところでこの衛星写真、いつ頃のものなのですか?江戸時代に干拓されたということだと???

紫陽花

  • 2007/01/24 19:12
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
湖のうんちく
中世末までは印幡浦と称されていた。下総台地の侵食谷が地盤沈降により溺れ谷となり、その出口を利根川の運搬物(土砂など)がせき止めて形成されたものである。古くから利根川の氾濫により沼周辺の村々は大きな被害を受けていたため、江戸時代に入って沼の水を江戸湾(現在
  • 2007/03/31 17:14
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。