ほっておいても咲いてくれるのは嬉しいもの

  • Day:2006.05.25 06:09
  • Cat:
foxglove

 ターシャ・テューダーの写真集で一際印象的だったのが、袋状の花が鈴なりに咲くフォックスグローブ(狐の手袋?)。一昨年、ホームセンターで輸入品の種を求めて庭に撒きましたところ、特に何の手入れもせずに咲いてくれました。

 今年も勝手に咲いてくれてます。こぼれ種なのか、宿根草なのかよくわかりません(すみません)。

 もう一つ今の我が庭を彩るのがゆり。真っ赤です。こちらは4年目か。とぎ汁をあげているだけですが、元気です。何という品種か忘れてしまったので調べたのですが、わかりませんでした。こういう風に上向きに咲くのもいいですね。

lily

Comment

楠の花
見事なフォックスグローブと赤百合ですね。落ち生えでこんなにきれいな花が咲くなんていいですね。

こちらは夏の庭に備え、夕顔を手に入れました。本当は冬瓜にしたかったのですが園芸用の花を楽しむものしか入手できませんでした。

25日まで福岡・山口(防府)に行って来ました。まさにどこの庭も花盛りの状況でした。一番印象深かったのは楠です。目立たない黄緑色の小さな花ですが、あたり一帯、芳しい香りが漂い、清められるような気がしました。老松神社の樹齢二千年のご神木ですが、台風で折れてしまい痛々しい限りです。それでも懸命に咲いていました。防府天満宮にも楠がありますが、老松神社の木の方が香りが高かったような気がします。

少し気になったのは、一斉開花現象です。ご近所でも本来3月4月あるいは6月に咲く花が、5月に一斉に咲いたそうです。しかも例年にないくらい見事に咲いているとのことでした。

「今年の桜は花期が長く、こんな年は熱帯では一斉開花が起こる」という学者の話が新聞に出ていましたが、日本の亜熱帯化と関係しているのではとふと思ってしまいました。

まあ、今年は関東の方でも天候不順なように、九州・中国地方でもあまりいい天候ではないようです。

防府の園芸店で干瓢の種を手に入れたので、遅いと思いますがこれから播いてみます。
  • 2006/05/28 14:21
  • 紫陽花
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。