『開発援助か社会運動か』定松栄一著

  • Day:2011.06.11 14:27
  • Cat:
1994年から1999年までネパールに駐在し、「カマイヤ」と呼ばれる債務労働者の調査及び生活向上プロジェクトを実施した経緯を克明に記録した本。凡百の無味乾燥な海外協力プロジェクト報告書とは全く異なる、出色のレポートである。

その理由はまずは、
①カマイヤの実態に関する詳細な調査内容が分かりやすく書かれていること
②パートナーたる現地NGOおよび住民との誤解や軋轢、衝突が赤裸々に描かれていること
③所属しているシャプラニール(日本のNGO)での意思決定プロセスが興味深いこと

一言で言えば、都合の悪いこと=直面した問題や失敗が披露されているから。海外援助はきれいごとではすまないことを教えてくれる。読み物としても抜群に面白い。

と、ここまでなら実態を教えてくれた著者の勇気に感心しつつも、腹を括れば誰でも書けるものであるとも言える。それを上回るこの本の素晴らしさは、開発援助のその先の世界に思いを馳せ、自らの5年間の活動が成功か失敗か思い悩む著者の述懐に出会ったとき、感動とともに実感される。

「その先の世界」とは、タイトルの示すとおり、「社会運動」、つまり「政治」である。

少し長いが、要約する。

※ ※ ※

カマイヤーの調査の結果、定松氏は彼ら土地なし農民を3つのグループに分類した。

①分益小作人:収穫の50%が報酬となる。
②賃金労働者:技術次第で収入が向上する。
③カマイヤ :最低限の収入しかもらえない。

簡単に言うと上のほうが実入りはいい。そこで著者たちは下のグループが上のグループになれるようにプロジェクトを組んだ。その方法はて、地主から高利の借金をしなくてよいようにグループ貯金をする、副収入を増やすための職業訓練、分益小作契約に必要な雄牛の共同購入などだ。

ところがこの計画には無理があった。全員が分益小作人になることには無理があった。分益小作契約で貸そうとする地主は限りがあったし、住民たちも望んでいなかった。カマイヤは技術がなくてもなれ、最低限とは言え収入が保証されているのでリスクが少ないのも一因だ。

そして著者たちは軌道を修正し、収穫前に食糧が無くなると地主から高利の借金をしなければならないという事態を解決するために、無利子の資金を貸すことにした。これを借りた農民は、地主から借りたつもりで利息を払い、これを積み立ててゆくゆくは自己資金で回せるようにする…。

プロジェクトは順調に進んでいた。著者は5年間の活動を終えて帰国する。

※ ※ ※

一方でこういう事実があった。

以前ネパールで民主化運動が起きた時に、地主の下から逃れて土地獲得運動を起こしたカマイヤたちがいた。現在は政府から指定された土地に再定住しているという。彼らの運動は「カナラ運動」と呼ばれた。リーダーに会った著者たちは再定住地での調査を行うことにした。

その後、そのリーダーは「カナラ運動」への支援を求めてきた。そこで著者は「開発事業への支援はできても土地獲得運動への支援はできない」と言う。話し合いは物別れに終わる。

外国のNGOがネパールで活動する許可を政府から受けるには、政治活動にかかわらないことが条件とされている。

※ ※ ※

著者帰国後の2000年5月、19家族のカマイヤたちが村役場に請願書を出した。債務帳消し、最低賃金保証、再定住用の土地を要求をした。運動は瞬く間に広がり、7月には国会前での座り込みが始まる。同月、ネパール政府はカマイヤ制度を廃止するに至った。

その後ネパールを再訪した著者は、解放運動の陰にかつてのパートナーNGOにいた男がいたことを知る。彼はその後英国NGOアクション・エイドに移り、運動を支援していた。

著者はなぜアクション・エイドとシャプラニールが異なる態度を取ったのか、自問する。はたして自分たちのプロジェクトは成功だったのか、失敗だったのか。

※ ※ ※

山本太郎を思い起こす。

Comment

この本をいまになって手にとってもらえるなんて、ネパール関係者としてうれしく思います。
ご本人がどのように今となって述懐されるか私も聞いてみたいです。
  • 2011/06/13 03:35
  • ritz
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。