Ustream配信で音が出せない

原発震災報道でとてつもない威力を発揮しているソーシャルメディアの一つ、Ustream。Youtubeも衝撃的だったが、Ustreamでは誰でも生放送ができてしまうという素晴らしさがある。

早速私もサインアップして、トーク番組を配信しようと思ったのだが…。

音が出ない。
うんともすんとも言わないのである。

システム構成は次の通り。
ノートパソコン Dell Windows Vista
ビデオカメラ  Sony HC7
マイク ワイヤレス、ひも付きガン、内臓、ビデオキャプチャ-のRCAケーブル(赤白)といろいろ試す(前二者の場合はビデオカメラのヘッドフォンアウトとノートパソコンのマイクインを接続した)
ビデオキャプチャー Buffalo PC-SDVD
ソフト Ustream Producer(無料版)

Webで"Ustream 音が出ない"で検索するとたくさん出てくる。やれやれみんなおんなじ悩みをもっていたのねとうれしくなりひとつひとつ試すが、すべてだめ。一番それらしかったのが、サウンドデバイスが日本語表記(例えば”マイク”)となっているのを半角英数に変更すればよい、というもの…、やってみたがだめだった。最近は日本語でもUstream Producerはデバイスを認識するし、選択できるのだ。

3日間悩んだ末に、今日やっと解決した。ただし、はっきりとした原因は分かっていない。

ノートパソコンのサウンドデバイスはIDT high definition audio codec。こいつが問題なのかと思って、削除してみた。再起動するとMicrosoftが用意しているサウンドデバイスがインストールされた。ここでテストしてみれば良かったのだが、別のことをしてしまったため、何が真の原因なのか分からなくなってしまったのだ。

デスクトップでも並行して録画を試してみようと思ったら、QuickTimeをインストールしてください、と出た。そこでデスクトップマシンにQuickTimeをインストールして、Ustreamを試してみたら見事に音がでた。このマシンのサウンドデバイスはmicrosoftのものである。

急いでノートパソコンのQuickTimeを最新版にしてみた。そしてUst録画をしてみると、ようやくうまくいった。3日間のもやもやがすっきりと晴れた。

ということで、音が出なかったのは、次の二つのいずれかが原因。

1.元々ノートパソコンに入っていたサウンドデバイス:IDT high definition audio codec
2.QuickTimeが最新版でなかったこと

サウンドデバイスを元に戻して試してみればどちらかはっきりすると思うが、今日は気力なし。 

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。