原発と私

涙は涸れることを知らぬ。テレビは数々の「ひと」に襲い掛かった災厄を伝える。
がれきの中で、家族を探すある男性は言った。「電気なんか無くっても、原発なんか無くったって、家族がいれば…」

3.11は私たちに問いかける。原子力発電にどう対処すべきかを。

福島第一原発のある双葉町と大熊町は、どんな経緯かは知らないが、原発を受け入れた町である。東電から、国から、たくさんの金が舞い降りただろう。住民税が安くなったかもしれない。箱モノを作ってその維持管理に莫大な費用を要したかもしれない。住民は原発の安全性を疑うことはなかった…、いや大多数の人はそのことを考えないようにして暮らしていたのではないだろうか。だからと言って、家を家族を、職を失っていいわけではない。

※ ※ ※

1982年7月2日、敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」建設のための公開ヒアリングが行われようとしていた。開催を阻止しようと集まった8000人は、ヒアリング参加者の入場を阻もうと、前日の晩から会場を包囲していた。しかし公開ヒアリングの住民代表や聞き手たちは、いつのまにか会場に入り、私たちは間の抜けた群衆と化していた。その鬱憤は、動労と機動隊のぶつかり合いや、学生デモが警察車両のサイドミラーを壊すというだけで終わった。口々に、「ボス交だ」と呟いていた。

就職して最初に命じられた企画は、原子力発電のPR番組だった。泣きそうになった。なんとか接点を見つけられないかと思って、「ヒューマンエラー」を切り口にした企画を考えた。人間が完璧だったら原発を安全に運転できるかもしれない。でも、人間はエラーをおかす。もちろん、没。社内段階で。

1989年社会党が参議院選挙で躍進したときまでは嫌原発を意識していた。しかしその後、これを争点にするようなことを減らしてきた。その時点で私は負けた。脱原発の社民党に投票したことはない。いまさら何も言う資格はないかもしれないが、書く。

※ ※ ※

原発が安全だと思いなおしたわけではない。たとえ安全であっても高レベル放射性廃棄物を処理する手段がないシステムはないほうがいい。自然災害ももとより、何よりも私は「人間はエラーをおかすもの」だと思っているから、いくら「日本の原発技術は世界最高だ」と聞いても信用しない。そういうやつほどますます信じられないし。

しかし日本政府はこれを進め続けた。政府の末端で働くことになった私も、その直接的な職務には無関係ながら、政府の原発政策に対して「無関心」になった。政権が替って、ますます原発は推進され、インフラ輸出の目玉商品になってさえいる。

※ ※ ※

32歳で書いた修士論文のタイトルは「省エネルギー技術移転によるエネルギー消費抑制効果の測定手法」という長ったらしいものだ。二酸化炭素排出量を削減するために、日本からタイへ省エネ技術を移転したらどのくらいの効果があるかを試算したものである。この時点では地球温暖化を防止することは善だと、疑いを持っていなかった。

それがいつの間にか、地球温暖化防止=二酸化炭素排出削減=火力発電減=原子力発電称揚という図式になる。もともと環境の劣化を防ぐために温暖化防止が言われたのに、いつのまにか環境に大きな被害を与えかねない原発推進という話になってしまった。ブラックジョークだと思っていたら、政府は本気でそう思っていた。

※ ※

トレンチに高濃度の放射性物質を含んだ水があるということは圧力容器、格納容器ともに穴があいていることだと考えられる(注)。冷却すればするほど放射能高濃度の水がタービン建屋やトレンチにたまってしまうというのであれば、それをどこかへ排出しながら作業を続けるしかない。その間は、今と同じように放射性物質は大気、土壌、海洋に流れ続ける。福島第一原発から200kM以上離れていても、いずれ累積放射能物質が人体に「ただちに」ではなくても数年後には影響を及ぼすことになるだろう。それが上述のネグレクトの報いであるのは確かだが、「反原発」を堅持していたとしても同じ結果かもしれないとの諦めを抱いてしまうのは卑怯だろうか。

※ ※ ※

現状考えられる最適な人生の過ごし方というのは、たとえ白血病になったとしても、癌になったとしても、これは元々の「天命」なのであって、決して東電の原発事故のせいではない、と思いながら死ぬことだろうか。これが日本人の「美徳」なのだろうか。

私は原発廃絶を言い続ける。20代の時に考えていたことって結構正しいので始末が悪い。

(注)原子力資料情報室の動画を見てそう考えるに至っている。

Comment

omiyaさん、こんにちは。私も、二十歳を過ぎた頃、下北半島の核燃施設反対運動や、福井のもんじゅ反対運動をしている人の話を聞きに行き、「東電の説明は嘘、そんなに安全なら送電ロスもないから東京に作れ」と思っていました。でも電気を使う以上、文句は言えない。そうも思っていました。この15年ばかり、途上国のことにかまけて、日本のエネルギー政策がどうなっていたか忘れていたのですが、せめてもの電力消費量を減らすためTVを放棄したことくらいでしょうか。いろいろ勉強し、原発の怖さを知っているくせにこの20年活動を続けていなかった自分を反省しています。環境活動家だったあの頃の自分に戻りたいです。
  • 2011/04/10 01:13
  • ritz
  • URL
  • Edit
ritzさん、コメントありがとう。今日は芝公園で「浜岡原発を止めよう」という集会があります。取材してきます。
  • 2011/04/10 09:27
  • omiya
  • URL
Utubeの昔の映像も見ました。怒号の飛ぶ集会って、昔は本当に運動に勢いがあったのだなあと思いました。次の報告楽しみにしています。
私も詳しく知らなかったのですが、ODAでも原発輸出が政策としてあるんですよね。鳩山政権から特に。ベトナムのは調印したから進んでしまう。津波対策の防波堤作るらしいですが、その前にヒューマンエラーは必ずある。もし自分が担当だったら、仮に止めることはできなくても、「危険だ」と言いつづけたいと思います。
  • 2011/04/11 01:38
  • ritz
  • URL
  • Edit
昨日のパレード、Youtubeにアップしました。上のURLです。組織の中でポリシーを保ち続けるのはしんどいことですけど、ritzさんならという気もしますね。柳腰がいいかも。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。