トムヤムラーメン

日本食の代表【寿司】の座が危うくなってきているのをバンコクで感じた。その座を脅かしているのは【ラーメン】である。10月にトランジットで市内に一泊したとき、シーロム通り近くのショッピングセンターの地下でうまそうなラーメン(Ramen)屋をみかけた。スワンナプーム空港にもラーメンを売りにしたレストランがある。

そうだろうそうだろう、と思う。日本を代表する食べ物はラーメンだ。専門店の多さ、あれだけのバリエーション、味を追求するラーメン職人たちのパトス。寿司にはない奥深さがラーメンにはある。タイの人たちもようやくラーメンのうまさに気がついてくれたかとうれしくなる。

海外に長くいると一番恋しくなるのはラーメンである。バーミーナムではやはり物足りない。豚骨でも味噌でも鶏ガラスープでもいいが、日本で異常に発達してきたこってり味系のラーメンが食べたくなる。

1月の出張はほんの10日間だったが、エチオピアからの長いフライトで疲れたことと、スワンナプーム空港で7時間すごさねばならないという重い気持ちがそうさせたのか、珍しく空港の日本食レストランに入った。例のラーメン主体の店である。

トムヤムラーメンというのがメニューに載っている。トムヤムクンもラーメンも大好きだから、いけるのではないかと思ったのが、浅はかだった。シナジー効果ゼロ、いやマイナス。よくある話だけど。

tomuyammen

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/03/14 21:28
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/03/14 23:54
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。