ジャーナリストと外交官

  • Day:2011.01.30 09:34
  • Cat:時事
なるほど、ジャーナリストというのはああいう人のことを言うのだなと、エジプトのデモのニュースを見ていて思い出したのは、去る1月7日に南部スーダンはジュバのSSRB(南部スーダン住民投票ビューロー)で名刺交換した朝日新聞社カイロ支局長の若々しい顔であった。

俄か仕立ての役所だから仕方のない面もあろうが、たかだか顔写真を貼ってハンコを押すだけの取材許可証の発給に3日もかかるような不手際に、各国から詰めかけた記者たちが醸し出す苛立ちで空気がひりひりしているSSRBの前庭で、彼は同僚のナイロビ支局長と、ムバラク政権の今後について話していた。

「もう30年ですからね、しかも息子に継がせようとしている」という彼の口吻は、エジプト国民が長期政権に対して持っている憤懣やるかたない気持ちに日々接していることを充分に感じさせた。そして事実、あれから3週間も経たないうちにチュニジアの政変をきっかけとした、反ムバラクデモが一面を飾るようになった。

ジャーナリストには瞬発力とその前の「溜め」が欠かせない。先を読む目とその時が来る前に仕込んでおくネタや人脈のことだ。双方とも持ち合わせていない私としては、ジャーナリストビザを取ってスーダンまで来たものの、どこか居心地の悪い思いをすることしきりである。引き換え、カイロ支局長はさぞやいい記事を書いたのではないかと想像する。

※  ※  ※

優れた外交官にはもっと発言してもらいたいものだと思ったのは、先週水曜日夜8時からの「ニュースの深層」の生放送を見学しての印象だ。ゲストは前スーダン大使の石井祐一さん。レファレンダムの監視団長として年末から3週間南部スーダンに滞在した。

石井さんはいわゆるアラビストで、エジプト、イエメン等々中東地域で勤務を重ねてきた。長年にわたって中東を見続けてきた眼は、今回のチュニジア政変の持つ意味を的確にとらえている。曰く、

「アラブ諸国にとって、民主化と強硬なイスラム主義者たちのコントロールを両立させることは非常に難しい課題である」

??と思う人も多いのではないかと思う。

現在のアラブ諸国=長期独裁/強権政治で、その崩壊後には明るい民主化がやってくるのではないかと思いたくなるからだ。しかし実際に強権政治の後に民主勢力が政権をとるという保証はない。強硬なイスラム主義政党が台頭する可能性も高いのである。(エジプトのムスリム同胞団は反ムバラクデモを支援している)

欧米からは民主化せよという圧力があるが、そうすれば強硬なイスラム主義者も勢力を伸ばしてしまうので、世俗政権を守るためにも強権的な政治をせざるを得ないという考え方のようだ。

眼から鱗の一時間だった。

エジプトでは政教分離が定着しているからムバラクが退陣しても大丈夫だろうという見方もあるが、トルコでも政教分離が危うい状況にあるらしい。私は個人的には穏健なモスレムの人々はとても親切で寛容だと感じているが、イスラム教政党が政権を握ることには反対だ。いや何であれ宗教政党が政権をとることを望まない。思想・信条の自由を脅かすものは排除しておきたいからだ。

ニュースの深層「スーダン南部 住民投票で独立へ」明日朝4時から再放送の予定。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。