『カティンの森』と高坂先生

  • Day:2010.12.31 23:01
  • Cat:映画
1982年、私は大学4回生だった。ほぼ留年が決まっていたので就職活動もせず、相変わらず西部構内をうろうろしていたのだが、たまには授業に出ることもあった。

休まずすべて出席したのはたぶん、高坂正堯先生の国際政治学だけだったと思う。何より面白い授業だったし、空白穴埋め式のレジュメも配られたので、勉強しやすかった。そこで「カチンの森の虐殺」の話を聞く。

「カチンの森の虐殺」とは、第二次大戦中、ポーランドに侵攻したソ連によって、ポーランド人将校ら数万人が殺された事件である。高坂先生のこの年の授業は冷戦下のアメリカの封じ込め政策が中心だったのだが、どういう文脈でか、この事件のことが取り上げられた。曰く「ナチスドイツだけでなく共産主義国家だって残忍で嘘つきやで」。

その事件を映画化したのが『カティンの森』(アンジェイ・ウィダ監督)である。

1943年、ナチスドイツはこの事件を知り、反ソキャンペーンを展開する。世界中の新聞にも載ったようだ。ところがソ連は逆にこの事件はドイツの犯行だと主張した。映画ではこれに抵抗するポーランド人の姿が描かれ、将校の妻たちまでも収容所送りになったことも知らされる。

ソ連がようやく事実を認めたのは1989年のこと。高坂先生の授業の7年後だ(これは自由で柔軟な人間の存在意義の一つを示している)。

学生時代の私は、アンジェイ・ワイダ監督の『地下水道』『灰とダイヤモンド』『大理石の男』は見ていたと思う。そしてカチンの森事件のことも知っていた。しかし、ワイダ監督の父親がカチンの森事件の犠牲者だとは夢にも思わなかった。

それにしてもなぜ、齢80になるまでワイダ監督はこの題材の映画化を待ったのだろうか?公式にソ連が認めてからも20年、その間に作る機会がなかったとは思えない。事件から70年近くを経て、映画化できるようになるほどこの題材はワイダ監督にとって重かったのかもしれない。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。