寒くなってきたときの挨拶言葉-西瓜食ったままじゃいらんねえ

  • Day:2010.11.05 20:17
  • Cat:計画
面白い、というか謎の残る表現を聞いた。

酷暑の初秋から一転木枯らしの吹く季節になったころ、何度も聞かされた挨拶の言葉である。

「西瓜食ったままじゃいらんねえなあ」
(西瓜を食べたままではいられませんねえ)

わかったような顔をして受け答えしていたが、つくづく不思議な言葉だ。

その心は、「夏の暑いときはあんなに西瓜を食べていたものだが、そのような季節はもう終わってしまったんですね。いつまでも西瓜を食べているような陽気ではないですね」というようなところか。

しかしこれでは今年のような酷暑を肯定しているようでもある。寒いよりは暑いほうがいいということだろうか。今ここにある困難(寒さ)のほうが数カ月前の困難(暑さ)よりも耐えがたいものに思えるのは納得できるが。

面白いというのは、「夏の暑さ」を「西瓜を食う」という行為で表しているからだ。はじめて聞く人には何の意味だか分からないほど、そのメタファーは斬新だ。

いったい誰が言い出したんだろう。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。