身近な不正

  • Day:2010.09.25 06:12
  • Cat:時事
戦前の話かと耳を疑うような話…郵便不正事件で特捜部主任検事がフロッピーディスクを改竄したという例の話である。

前田恒彦容疑者は、2009年5月26日厚生労働省元係長の自宅からフロッピーディスクを押収、偽証明書の作成日時を、検察のストーリーに合わせて書き換えたと報道されている。

権力を持った人間が思い込みで捜査し、都合の悪い物証を変造するのでは、狙われた方はたまったものではない。久々に脚光を浴びた「フロッピーディスク」*も居心地の悪い思いをしているだろう。

※ ※ ※

さらに興味深いのは昨日の読売新聞の報道。前田容疑者の改竄に気付いた検事3名が、今年1月30日にその事実を特捜部副部長に告発していたという。しかし、副部長と部長は前田容疑者の主張(過失)を鵜呑みにして(というかこれが事実であって欲しいと願ったのだろうが)何も手を打たなかった。

私が「興味深い」のは、上司たちの行動は論外として、その後3人の検事はなぜ沈黙したのだろうかということである。

直属の上司が何も手を打たないのならば、最高検へ伝えるとか、マスコミにリークするとか手はあると思う。弁護側の証人として出廷することだって考えられる。それをしなかったのはなぜなのか?

前田容疑者の行為が犯罪だという確信が持てなかったのだろうか?上司に告発した以上そうではあるまい。検察内部での告発は即捜査機関への告発だから通常の組織内でのそれとは意味が違う。意を決して告発したからには相当の確信があっただろう。

確信があったが、それ以上の手を打たなかった。それは、「もう自分はやることはやった、後は上司の責任だ」と考えたからかもしれない。または、「最高検やマスコミに知らせることは大阪地検の一員としてすべきことではない」「そこまでやると組織にいられなくなる(つまり職を失う)」という理由かもしれない。

いずれにせよ、1月末から何もなされなかったために、9月10日の無罪判決までの9か月間、村木元局長は不安な日々を過ごさざるを得なかった。3人の検事はこの事実をどう受け止めているのだろう。彼らがさらに行動を起こしていれば、起訴取り下げとなって元局長の苦痛は少し短くて済んだかもしれない。

無罪判決が出たからまだよい。有罪判決だったら…想像するだに恐ろしい。

※ ※ ※

身近な不正行為にどう処するかというのは案外難しい問題だ。これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学には、ユナボマーを告発した弟の事例と、家族を告発しなかった故に職を追われた大学学長の事例が紹介されている。両例とも肉親を告発することへの躊躇いと、法を守ることの葛藤の事例である。ユナボマーの弟が告発した理由は、しなければさらに犠牲者が増えるから、ということだった。ここでは守るべき「利益」の比較衡量がなされている。「利益」を比較衡量して物事の判断を下す立場は功利主義につながる。ベンサムの「最大多数の最大幸福」だ。サンデル教授は功利主義を退けているが、ここではその功利主義に立ったとする。

沈黙した3人の検事が守ろうとしたのはいったい何か。組織(ひいては自分の職)であろう。結果的に大阪地検の信用は地に落ちたが、たとえ大阪地検の信用が表面上守られたとしても、それが元局長を苦痛から解放すること-ひいて「正義」-より重いとは私は思わない。


*改竄された文書の最終更新日時は2004年6月1日。この頃までフロッピーディスクを使っていたというのはにわかに信じがたいことである。

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010/09/27 00:27
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。