子ども手当はリゾームを生むか

  • Day:2010.05.30 10:44
  • Cat:時事
たびたび事業仕分けについて書いてきた。公開することによる政治への国民の参加意識の向上や、官僚たちの硬直的な発想、天下り法人が中抜きしている実態が晒されたことなど大いに評価に値することがあるにかかわらず、それらはマスメディアで充分報道されているのだからという思いもあり、ついつい「欠点」ばかりを取り上げてきた。何よりも位置づけが不明確だったからだ。

が、今回の行政事業レビューは違う。

水曜日から三日間経済産業省の事業についてレビューが行われた。梶川氏や福嶋氏など、冷静で鋭いコメントを放つ方々が多いからか、傾聴に値する議論が続いている。そして評価者たちの出した意見に基づいて、副大臣が省としての結論を出す。ここがこれまでの事業仕分けとの最大の相違点であり、行政機関内の事業レビューという性格を明確にしている。官僚たちも従来より行っている財務省主計局との予算折衝と類似のものとして受け止めることができるだろう。違うのはの評価者が主計官よりも手ごわいということだ。

※ ※ ※

以前(まだ大蔵省と呼ばれていたころ)、知人の主計官が「主計官は担当省庁の味方だ」と言っていた。主計官は省庁の企画(予算要求)の是非を審査するがその際、「こうすればよい事業になる」「ここを詰めておく必要がある」というアドバイスを与えることがままあるという意味である。省庁側はそれに従って、一生懸命資料を作成し、深夜まで説明する。その相手に対して、冷たい態度をとることはなかなかできない。多少の欠陥には目を瞑り、代案を示唆したり、「鉛筆の舐め方」を指南することで良好な人間関係を維持しようという気持ちが生じるのは極めてありそうなことである。

評価者にはそのような「しがらみ」はない。過去の経緯にもとらわれない。将来のコストベネフィットだけを考えて評価を下す。副大臣は評価者の意見を尊重し、事業の「廃止」「廃止を含めた抜本的な見直し」が次々と下される。3日間で「廃止」という文字が入ったものは25事業のうち17に上った*。2009年度執行額ベースで132億2800万円に上る**

子ども手当にかかる予算は5.3兆円と言われる。上記132.28億円の400倍である。はるかに及ばない、と考えることもできるが、これまでの仕分け結果や、明日から12日間行われる他省の事業レビューを考えるとまんざらでもないセンに届く可能性もある。満額2.7万円を引き下げれば何とかなるかもしれないと思わせる。

*「廃止を含む抜本的改善」などを含む。
**一部事業名が評価シートと予算内訳で一致しないため、推定した。


※ ※ ※

これまで国の予算は各省庁と独法が知恵を絞って細かく執行してきたと言えるだろう。その知恵が浅いものであったり、ばらばらで整合性を欠いていたり、OBを再就職されるためだったりしたことはあるが、喩えて言えば「ツリー構造」のようなものだ。各省庁・独法・公益法人・NPOと、上流から下流に行くに従って、資金が細分化され、ありとあらゆる業界や社会各層に多かれ少なかれ影響を与えてきた。

この下流に行くに従って網の目のように張り巡らされたお金の流れの一部を、子ども手当はダイレクトに家計に流そうというのが今行われていることである。支給対象家計に渡ったお金が支出されれば、言わば「リゾーム」***のような状態になる。これはツリー構造の下流で形成される支流の束よりも強固で無駄のない構造だと言えるだろう。反対に家計が十分な支出を行わなければ、散在しつながりのない無数の点となってしまう。どちらになるのか、そこに子ども手当の成否がかかっている。

***「地下茎」と訳される。こちらのブログに写真と解説が載っています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。