事業仕分け(3)~乱暴な議論目立つ

  • Day:2009.11.24 20:34
  • Cat:時事
後半戦の開始。

私はODA事業には改善すべき点が山ほどあると考えている。PCI事件の傍聴に通ったのもそういう動機からだと、皆さんはご理解してくれていると思う。

だから、事業仕分けでODAの各予算や案件選定の仕組みが公開の場で議論されるのはとてもよいことだと思うし、(たぶん)海東前高島市長が、「顔の見える援助」とは「無償資金協力を日本タイド*にして、日本企業の社員が朝体操していてそれを現地労働者が見て感心するとかということではなくて、日本の援助によって住民に利益が及んで、国全体で経済が成長することだろう」という当たり前の指摘についてとても共感を覚える。
もうひとつ、「ハコモノ」の議論の最後のほうでどなたかが仰っていたが、「小切手外交がいかに現場に負担を強いているか、民主党はこれをやめるべきだ」という主張には思わず膝を叩いてしまった。政治家が外遊の際にプレゼントとして無償資金協力案件を勝手に約束したり、どんな事業ができるか不明なうちに(たとえば今回のアフガン支援4500億円のように)額だけがポンと決まってしまうことが、いかにモラルハザードを生んでいるかを批判した発言である。悪い政治家による政治主導は官僚主導より絶望的に弊害を生む。

しかし今日のワーキンググループ2の議論には乱暴な点が多かった。これでは逆効果ではないかと思うので3点申し上げる。

1.司会役の人が2度、「今日は総理も大臣もいらっしゃっているのだからしっかりしてくださいよ」と言っていた。総理と大臣がいなければ適当にやってもいいのか、総理と大臣がいることでプレッシャーをかけたいのかしらないが、不必要に強圧的な発言である。いようがいまいが真剣に議論すればいい。トラの威を借りたいのだろうか?

2.海外手当の額の話で、他の援助機関と比較をしているのかとの質問が出た。外務省 or JICAは即答できなかった。次に、事業費に占める管理コストの割合が世界食糧機構では7%に抑えられいるのにJICAでは30%だとある女性委員が指摘した。「その試算は無償資金協力1000億円と有償が含まれていない・・・」と反論があると、その女性委員は「資金協力はいれないで」とのたまった。Why? 資金協力だってプロジェクトの審査等々人手はかかる。なぜそれを入れないのか?

いつも数字を都合のよいように操作していると批判しているのに、自分も同じ穴のむじなであることを暴露した瞬間だ。

その後、件の他国援助機関の手当水準について答えようとしたところ、「○○国の課長(40歳)は100数十万円・・・」と言ったところで、「そういう個別の問題ではないのです!」と遮られた。都合が悪い数字が出ると遮るか、とみんな思ったと思う。せっかく調べたのにね。

ついでに言えば、WFPのように物品を調達して分配する事業は、技術協力事業や建設事業に比して少ない人件費で額が稼げるというのが定説だ。日本の無償資金協力だって資機材案件は建設モノに比べれば足が速い。WFPと比較するにはその点を若干割り引いて考えなければならないし、そもそもなぜ国際援助機関や、他国の援助機関の手当水準と比べなければならないのか?比べるべきはNGOスタッフのそれだろうと思う。

3.カントリーリスクを考慮して事業を開始するべきだという意見もあった。甘い見通しで実施して、失敗したものも確かにあろう。それは反省して検証すべきだ。しかし、2,3年に及ぶ事業サイクルを考えると、そこまで見通すことは至難の業である。リスクがあるからやめようとなれば事業は激減するだろうし、それに伴って本来成功裏にに成就できたプロジェクトもなされず、住民福祉の向上が阻まれることになる。そのほうがいいというのだろうか?失敗案件があっても、案件実施のハードルは低いほうがトータルではよい効果をもたらすと思う。

今日の議論は仕分け人側の稚拙な追求が目立った。それをカバーしようとしてかどうか知らないが、「これまでに作った学校数はいくつか?」とか「研修員で帰国後に離職した人の割合は?」とか急には答えられない質問攻めがあった。究極の馬鹿発言の主は、「協力隊員を送ったことが(そのコストである)800万円を貰うよりもいいと思われなければならない」と言った委員である(名前は知らない)。行政刷新会議は事業仕分けの議事録を公開すべきである。

いつも不思議に思うのだが、仕分け人たちが相互に意見を述べ合うことはない。そのように示し合わせているんだろう。「朝まで生テレビ」との最大の違いはこれだ。明らかに変な発言をしている仕分け人をたしなめる人がいないのは、かなり怖い。真に効果的な事業は何かということを追求することよりも、とりあえずみんな一枚岩になって官僚に勝とう!ということだろう。

*日本タイド:元請け受注業者を日本企業に限ること。タイドとはtiedで”縛る”という意味。一般的には無償はタイド、有償はアンタイドとされている。

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/11/24 22:37
Re: 以前、お世話になりました
コメントどうもありがとうございます。
お久しぶりです。お元気ですか。

どうも小生の操作ミスか、いただいたコメント本文が表示されなくなってしまいました。よろしければまた書いてください。
貴ブログへのご登録、大変光栄です。
  • 2009/11/26 08:11
  • 大宮 直明
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。