個人情報について

  • Day:2009.11.14 19:39
  • Cat:時事
「それは個人情報なので・・・」

と拒絶された方がたくさんいると思う。

良かれと思って自治体などに何かを提案したときだ。そのためには「個人情報」が必要な場合がある。

本来ならば、その個人情報を持っている人たち(今の例では役所)が、「これこれこういう趣旨だから教えてもいいだろうか」と、本人に確認するべきなのに、それをしない。面倒なのね。

「個人情報だから」というサボタージュが蔓延している。

※  ※  ※

今日はもっと面白いケースがあった。

車を売りたいと思って数社に見積もりを依頼した。

そのひとつ、全国チェーンから電話があった。
「○円から○円くらいですね」とおっしゃる。その差は10万円以上もある。
どうしたら正確に見積もってもらえるのですか?というと、

お近くの店舗(全国チェーンですからね)に行っていただければという。

そりゃまあそうだろうな、と思う。幸い、15分程のところにある。

「分かりました」と切ろうとすると、「行かれる前にこちらにお電話していただけますか」と仰る。

「???」面食らう。
そんな面倒なことはしたくない、行くときは行く。

「そのほうがスムーズに行きます」という。 電話しないとスムーズに行かないのかと訝る。

近いうちに行くからその店に伝えといてくださいと、私としてはまっとうなことを言ったつもり。

そこで出た。

「個人情報の関係もありますから」

!?!?!?!

「私がいいと言っているのに?」

呆れてしまう。

※ ※ ※

たぶん彼は、そうすればこの件が彼の仕事としてカウントされ、報酬が増える仕組みになっているから言ったんだろうと思う。

「個人情報」云々は口実。

その裏には「個人情報」と言えば通ってしまう風潮があるのだ。

それを利用している。

それが世の中を窮屈にしている。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。