• Day:2009.10.21 18:50
  • Cat:時事
ドイツ映画『善き人のためのソナタ』の冒頭に印象的な場面がある。

ベルリンの壁崩壊前、東ドイツのシュタージ(秘密警察)が、西側への逃亡を手助けしたと疑う人物を長時間尋問する。尋問を担当した主人公ヴィースラーはそのビデオを見せながら、学生たちに向かってこう言う。
「シロは怒り出す、クロは泣く」

菅家さんは泣いてしまった。
足利事件で17年半も獄中にあった人である。

当時の検察・警察が上述の法則を採用していたわけではないと思う。彼らを誤信させたのはDNA不完全な鑑定だった。少しは同情の余地があると思う。

科学的証拠ほど強いものはないのだから、いかに被疑者が否定しようとも、クロであることを前提に尋問するのは理解できる。検察だけでなく、裁判官もそれだけを有罪の判断材料とした。

そして、その鑑定が間違いだったことがわかった。

問題はここからである。

※ ※ ※

大島渚に憧れて法学部に入学したその日、中庭で声をかけてくれた上級生が見せてくれたのは、岩波信書の『誤った裁判』という本だった。法律のホの字も知らないポッと出の少年に、いきなりの洗礼である。大学とはこういうところなんだと思った気もする。

それ以来、『冤罪』には関心がある。ほとんどの事例では真犯人を捕まえている日本の警察・検察には敬意を表する。しかし、少ない数ながら、当人に取り返しのつかない被害を与える『冤罪』があるのも事実である。

※ ※ ※

その時、どうするか。鼎の軽重が問われる瞬間だ。

現今の司法制度は、真実を究明することが目的ではなく、挙証責任を果たせるか否かを裁判所が判断するということになっている。刑事事件の場合は検察に挙証責任がある。その主張が説得的か否かを裁判所は判断する、ことになっている。

だから、真犯人であっても検察の示す証拠が不十分であれば、無罪となりうる。

そこで裁判所が真実を追求することはしない。双方の主張の妥当性を吟味するだけである。真実究明は手間がかかるからというのが理由である。

菅家さんの場合、17年半獄中に閉じ込めたことを警察・検察は謝罪している。裁判所はまだである。

こんなときには、例外を設けてもいいのではないかと思う。

つまり、真実の追求をするのである。

どうして菅家さんが虚偽の自白に追い込まれたのか、なぜ警察は菅家さんの供述を信用しなかったのか、裁判所はDNA鑑定以外の供述などを無視したのか、これらを思いっきり明らかにするのである。

17年半人の自由を奪ったことを考えれば、そのくらいのことはしてもいいだろう。

(ちなみに、『善き人のためのソナタ』のラストシーンは最高です。ぜひご観賞を!)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。