ユハ・クリステンセンさんという人

去年の10月20日の記事で、アチェ和平合意のキーパーソンとなりノーベル平和賞を受賞したアハティサーリさんのことを書いた。「どうして彼にそんなことができたのか。」とも。

動いた人がいたことを知った。ユハ・クリステンセンさんというフィンランド人。彼がインドネシア政府、GAM双方に人脈を持ち、アハティサーリを引っ張り出した人だということをこの本で知った。

平和構築の仕事平和構築の仕事
(2007/11/24)
カトゥリ メリカリオ

商品詳細を見る


ユハさんは元々言語学者だった。1985年から5年間、やはり言語学者の奥さんとともにスラウェシ島のマカッサル(当時はウジュン・パンダン)で暮らした。帰国してからは、企業のコンサルタントとしてインドネシアを訪れる機会を得た。その間、紛争地域への関心を抱くようになる。

“安定を創り出すことができれば、他の問題に集中して取り組むことができる。例えば、新しい疾病、環境破壊、エネルギーの枯渇といった問題にね”

初めてアチェを訪れたのは2002年10月。ウレレの海岸を歩き、たちまち彼はアチェに“恋をした”と言う。丘、海岸、美しい街、親切な人々、食べ物すべてに。

アチェ和平を模索する動きはこれまでもたびたび行われてきた。2002年にはアンリ・デュナン・センターが調停役となり、「敵対行為の停止についての枠組み合意(COHA)」がなされていた。

しかし翌年武装警官とGAMが衝突、停戦監視団が襲撃を受ける。2003年5月、東京で開かれる復興和平会合に参加しようとしたGAM交渉団員が拘束され、COHAは決裂する。その夜、メガワティ政権は軍事非常事態宣言を発した。

ユハが活動を始めたのはその直後である。

ストックホルムに亡命しているGAM幹部と会い、パワーポイントで自分がどういう人間で何をしてきたか、なぜアチェに関心を抱いたのかを説明した。

12月には、後にユスフ・カラ副大統領からアチェ和平の特命を受けるファリド・フサインに会う。GAM幹部を知っていると話すと、ファリドは驚き、興味を示した。

ユハは、GAM・インドネシア政府双方と徐々に信頼関係を築いていった。

2004年クリスマス、ユハはヘルシンキから、和平交渉への招待状を両者に送る。津波が襲ったのはその2日後のことである。

※  ※  ※

「時の運」は確かにあった。
2004年秋、アチェ問題の進展を望むスシロ・バンバン・ユドヨノが大統領に、ユスフ・カラが副大統領になった。
GAMも戦いに倦んでいた。

それらすべてを勘案しても、ユハの行動力には端倪すべからざるものがある。一民間人がここまでできるのかと驚嘆する。いや、一民間人だからできたのかもしれない。自らの信じるところを貫くという強い意志と、その実現のために熟考された戦略、そして限りないオプティミズムがこの歴史的な偉業を彼になさしめたのだと思う。

参考:ジャカルタポストの記事



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。