3回目のアフリカンフェスタ

  • Day:2009.05.17 22:57
  • Cat:映画
一度目は試し撮り。
二度目は真面目な撮影。
三度目はプロモーション。

「アブバとヤーバ」にはアフリカンフェスタ2007と2008の様子がちょっとですが、出てきます。この2年間は映画の製作期間とぴったり重なっています。

そして、毎回撮影してしまうのが、スーダン人コミュニティのこれ。

festa2009

ビーフのケバブです。そぎ落としてパンにはさんで食べます。トルコでもおなじみですね。

なぜこれが気になるのか、わかりました。

期待と現実の落差にあるのです。

この巨大な肉の塊を見ると、「こんなに食べられません!許してください!」という気になります。

しかし、実際に手にするものは、野菜と切れ切れの肉がはさまったパンなのです。もちろんこれで十分においしいのですが、肉塊を見たときに感じたマゾヒスティックな快感はついに満たされることはありません。

そしてまた見かけると思うのです。「これ全部食べろって言われたら死ぬよなあ、でもそんな目に遭ってみたい気も・・・」

そして吸い寄せられ、不満足感を抱えた満腹感を味わうのです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。