森田健作知事の資質

♪恋のため愛のため まっすぐに生きるため

ご存知、「さらば涙と言おう」の2番の一節である。個人的にはとっても好きなフレーズ。
森田健作氏に投票しなかった私にとっては、彼のこの「まっすぐ」なイメージが大きな要因であった。
政治家はまっすぐだけではやっていけないんじゃないか?正論で相手を納得させられるだけの力量はないのではないだろうか?ということは結局周りの人たちから操られるだけではないか・・・・。

結果的に大差で当選したということは、私が世論と遊離していたということでもあろう。小学3年生の時に巨人ファンをやめてから、メジャーとは縁がない。

その森田知事のイメージを覆すようなことが判明した。「完全無所属」と宣言していたのに、「自由民主党東京都衆議院選挙区第2支部」の代表を務めていたのである。

一瞬、なかなかやるじゃないか、と実は思ってしまったのである。政治家の資質があるじゃない、って。

と思ったのは、やはりどこかで政治家は「腹芸」や「嘘」に長けていないといけない、真っ正直だけではやっていけないだろうという考えがあるから。森田氏も正直だけではないんだと、少し見直しかけた。

でもやっぱり変だと思い直したのは、「腹芸」を使うのは、それが結果的に人々の為になる場合に限るのだと気づいたから。

自分の利益のための「嘘」や「腹芸」は唾棄すべきことだ。

鬼泪山の公約も、そうでないかと疑ってしまう。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。