「オメエ」はどのあたりで使われているのか

頭が疲れていたので思いっきり笑える映画を見ようと図書館へ。

「馬鹿が戦車(タンク)でやってくる」という山田洋二監督ハナ肇主演のすごいのを再見。完璧にストーリーを忘れていて、ただただ、ハナ肇が戦車に乗ってリベンジするということだけ覚えていた。

岩下志摩があまりにも美しくしかし結局主治医と結婚するのはつまらないなあとか、犬塚弘が扮する自分が鳥だと信じている弟役と大江健三郎の『個人的な体験』に現れるバードはどちらが先なのだろうと思いつつ、図書館のAVコーナーで笑いを必死にこらえながら見た(調べると両方とも1964年)。少し頭が空っぽに。

妙に気になったのはハナ肇が連発する「オメエ」という呼称であった。

近所の家で夫婦げんかがあった。もう60を過ぎた夫婦だが、夫が怒ったらしい。その理由は、妻が夫のことを「オメエ」と呼ぶからだった。「オメエにオメエって言われる筋合いはねえ!」というわけだ。

「オメエ」は「御前(おんまえ)」から転訛したものだろう。もともとはミカドに対して使った敬称だ。それがなぜ、夫婦げんかの原因になるほど蔑みのニュアンスをもってしまったのか?昔から不思議だった。

もう一つの漠たる疑問は、「オメエ」の話されている地域はどのへんかということだ。映画の舞台は東京湾岸からひと山超えた内陸にある農村だった。千葉側なら当然この呼称を使っている。しかし神奈川となるとどうなのだろう?
東京も江戸っ子なら使っていて不思議はない。「おめえさん」という言い方は落語などでよく聞く。喧嘩っ早いやつは「テメエ」と言うが、こちらは「手前」から来ているから「御前」のような敬意は元々ないのではないだろうか。
山の手の人たちはもちろん「オメエ」なんて言わない。聞けば意味は分かるだろうが、それは関西弁を聞いて意味が分かるのと同じことだ。下町でも今の若い人は使わないのではないだろうか。千葉県の東京寄りもまたしかり。

とすると今でも確実に「オメエ」を使っているのは千葉県の東京から遠い地域だろう。私も転居してから使う機会が非常に増えた。「あなた」なんて使ったら気取ってると思われてしまう。久々に会う人にはずいぶん言葉が乱暴になったと思われているかもしれない。

効用もある。この年になると母親に呼びかける適当な言葉が見当たらない。「かあちゃん」と呼ぶわけにはいかない。子供がいれば「ばあちゃん」と(子供に対して話す素振りで)呼んだらいいのだろうがそうもいかない。そこで「オメエ」の登場となる。「オメエ」も一方通行だと罵倒しているようだがお互いに使えば対等な感じがする。親子喧嘩の種にはならないと思う。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。