辺境

部屋の隅にほこりがたまるように、裏庭にごみが隠されるように不要なものは普段目に付かないところに集まります。

世の中は千葉県北東部をそのような場所だと考えているのでしょう。
また産廃計画が持ち上がっています。
既存の安定型産廃処分場を5mかさ上げして、5.5万㎥もの産業廃棄物を積み上げようという計画です。

産業廃棄物を処分しなければならないという事情は分かります。都市からだけでなく地方においても産業廃棄物は発生します。しかしそれだからといって処分場が身近にできるのに反対することを「公共の利益を考えていないごね得」と批判するのは当を得ていません。住んでいる周囲の環境が悪化していくのを止めたいと思うのは当然なことです。道路もハコモノも要らないから、産廃も要らないのです。
産業廃棄物の発生を抑えるような社会システムを作っていくためにも、安易な処分場増設・建設をさせてはならないのです。

身近な自然を大切にしようと言いながら、産廃銀座を推進するようなことをまさか「公」がするわけはないとは思いますが、そのまさかが何度も起こっているのが現実でもあります。産廃反対東総住民連絡会の署名にご協力ください。下記用紙にご署名のうえ、2枚目を10月4日までにファックス(0479-55-4363)していただければ10月6日に県産廃課に渡します。よろしくお願いします。

エコアップ計画意見書

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。