10桁と11桁の違い

  • Day:2008.06.27 07:44
  • Cat:時事
定年後は何をしたいかという質問に、よくあるのが「裁判の傍聴」。
25日の東京地裁423法定も、20の傍聴席で3,4人の方はそれを実践されているようにみられました。

私も久々に傍聴させてもらいました。
事案は「覚醒剤取締法違反」2件です。
被告はいずれも20代前半の女性、一人は使用、一人は所持が訴因です。

二人とも公訴事実を認めており、争点は執行猶予がつくかどうかです。
いずれの弁護士も、初犯であること、反省していること、親が監督することを強調し執行猶予を確実なものとしようとしていました。

これに対して検察官が確認したのは、「売人の住所・勤め先を知っているのか否か。」
知らないと答えると、「売人の携帯電話番号を消去すること」を約束させました。再犯を防ぐためでしょう。

被告が売人の電話番号を覚えているか否かという点については一切言及されません。携帯から番号を消しても、覚えていたらどうなるのでしょうか?それは言わない約束なのでしょうし、消すことが二度と連絡をとらない意思を表していると考える一種の儀式なのかもしれません。

私も最近は電話番号を覚えなくなりました。
それまで最大10桁の番号だったのが、携帯では11桁になりました。
10桁と11桁の間には、深くて飛び越えられない川が流れているのではないかと思います。

ただ、ひょっとしたら電話番号というのは覚えるものではなくなったのかもしれないと、思い至ります。携帯電話が普及して以来、番号はすべて携帯が記録していてくれる、覚えておく必要のないものとなったのでは。アドレス帳も不用になりました。覚えておかねばならないのは自分の番号だけですが、それすらも覚えずに、他人の携帯にかけてそこに表示されるもので再確認するという有様です。

東京23区の市内局番が全て4桁になったのは1991年1月1日でした。まだその頃は、03以外の8桁を覚えるようにしていました。
そう考えると、090と080を除いた8桁の番号を覚えることはできるはずです。
ですからこの変化は、能力の問題ではなく意思の問題なのです。

記憶する力が使えば使うほど強化されるものだとしたら、この変化はちょっと我々をスポイルしてしまうものです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。