夏目の堰がこんなことに!

swan.jpg />

数年ぶりに夏目の堰に行ってみたら、篠竹のすきまからちらっと見えた水面に数え切れないほどの白鳥がいて思わず声が出た。以前はこんなにいなかったのに、いつの間にか白鳥の越冬地になっていたのですな。これまで冬を過ごしていたところがなくなってしまった、というような事情でなければいいが。

でかい望遠レンズのカメラマンも10人ほど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。