続「セシウムさん」の謎

8月13日の記事に3つも拍手をいただいたので、続編をお届けする。

その後東海テレビは祖父江伸二常務取締役を委員長とする検証委員会を設置し、関係者から事情聴取を行った。8月30日には検証番組「検証 ぴーかんテレビ不適切放送 ~なぜ私たちは間違いを犯したのか~」を放送し、9月12日までHP上にエンベッドした。私はもう一度見ようと思ったのだがすでに無く、代わりに検証報告書に目を通した。

前回疑問点として挙げた点について、分かったこと、依然分からないことは次のとおり。

1.テロップが流れたタイミング
どうしてVTR放送中にテロップが出たのかという点だが、これはこの時エンディングのリハーサルをしていて、スタジオのセットの一部としてのテレビ画面に当選者名のテロップを出すタイミングで、誤ってオンエアラインのT1にセットされていた「不適切な」テロップを選択してしまったということらしい。一応これは納得。T1には47枚のテロップがセットされ、スタジオのテレビ画面用のT2には3枚のテロップがセットされているはずが2枚しかない状態だったという。「不適切」テロップがなぜ47枚のほうに含まれていたのかは不明。T1に「不適切」テロップを入れたのはCG制作者で、彼は「「T1、T2の詳しいルール(システム)は知りませんでした」と証言している。」と報告書には書かれている。そんな初歩的な(まったく詳しくない単純な)ことを知らないとは不思議。

2.手書きの当選者名
当選者名をCGテロップで発表するのは、この回が初めての試みだったとのこと。これ以前は手書きで出していた。だからテロップと同デザインのフリップがあったのだろうと納得しかけたがやはり変。フリップには「岩手県産ひとめぼれ10㎏当選者」と書かれている。どうしてCGテロップで出すと決めた回のプレゼント商品名が書かれているフリップがあるのか疑問。同じプレゼントが以前にあったのか、あるいはCGテロップで出すと決めたのが遅かったので、すでにフリップも作ってしまっていたのか?

3.CG制作者はなぜ頑なに訂正を拒んだのか?
今回職を失ってしまったCG制作者は「それがオンエアに出るとは思っていませんでした。」と、訂正しなかった理由を述べている。出演者やスタッフのウケを狙おうという発言はなかった。

4.なぜリハーサル用のものが作られたのか?
「段取りを考えれば本番前日には当選者が決定できるように締め切りを設定し、本番用のテロップを制作してもらうのが自然な流れだろう。」という前回の私の指摘は、メールやネットのない時代に、はがきでプレゼント応募をしてもらっていた私の誤りであった。
この番組では冒頭9時55分過ぎにプレゼントの告知をし、終了直前の11時23分ごろに発表する予定だったという。11時過ぎに行われた当選者発表のリハーサルでは、福島アナウンサーがコメントの時間合わせをするために、ダミーのテロップを作る必要があったようだ。

応募締め切りが何時だったのかは触れられていないが、「不適切」テロップが流れた11時3分35秒にはまだ本当の当選者名テロップは出来ていなかった。そして結果的に手書きで当選者名を発表したのだから当選者名CGテロップはできなかったと考えざるを得ない。この理由には触れられていない。

5.リハーサルでは何が使われたのか?
これは「不適切」テロップが使われたということが明らかになった。ただし、本来映し出されるべきスタジオのテレビ画面にではなく、オンエアモニターに出てしまった。福島アナウンサーはオンエアモニターに映った「不適切」テロップを見ながらコメントの時間合わせをしたらしい。そして「これがオンエアだとは思わなかったんですね。」と言っている。その時の「不適切」表現へのリアクションは不明である。

6.補足1
報告書でもう一つ分かったのは、エンディングリハーサル中にスタジオとサブでは別々のことが行われていたということ。スタジオでは福島アナウンサーが当選者発表のリハーサルをし、サブではディレクターとスイッチャーが次のコーナーのカット割をしていた。何とも忙しい。

7.補足2
日本民間放送連盟賞のテレビ教養、テレビエンターテインメントの両部門に東海テレビの番組が最優秀作品として内定していたのに、今回のことで辞退したという。関東に住む私は東海テレビ制作番組に触れる機会が少ないが、2008年地方の時代映像祭で見た「黒と白~自白・名張毒ぶどう酒事件の闇~」は心に残る番組だった。チャレンジングなスタッフたちをディスカレッジしてしまうこういう連座制はやめにしてはいかがだろうか。
スポンサーサイト

南相馬市

緊急時避難準備区域を歩いた。

震災・原発事故から半年、この間に見聞きした大量のヴァーチャルな情報とリアルな体験との間に救いようのないほどの溝が生じてきていた。だからどうしてもこの目で見なければという衝動に駆られた。

rail.jpg

常磐線の原町(はらのまち)駅から南、広野までは不通である。原町から北へ向かう相馬までも不通である。同じように不通であるが、両者には決定的な違いがある。相馬までは代行バスがあるのに、南へ向かうバスはない。写真は原町駅の南。


cablelesstower.jpg

海岸近くには震災ごみの集積所があった。すごいなと思うのは、がれきが鉄、コンクリート、木などにきちんと分別されていること。しかも木は材木と樹木に分けてあり、キャンプファイヤーの薪のようにきちんと井桁に組まれていた。何台もの大型ユンボ一つ一つこれらを「所定の」位置に置いてきたのがこの半年だったのだろう。

原町駅前にはホテルが5、6軒あった。人通りも少なく、開いている店舗も数えるほどだから、当然ホテルはガラガラだと思ったのだが、いずれも満室だとのこと。当日の一人客を敬遠して断られたのかと思ったがそうでもないようだ。原発で働いている人や、がれきを分別している人、市役所に助っ人で来ている人などが泊っているのかもしれない。


towhombelongs.jpg


無事であってほしい。

09/02のツイートまとめ

  • Day:2011.09.03 00:00
  • Cat:魅力
omiya_n

おとといのMilai★【援助の大敵 Corrupitonを無くせ!】は大変濃い内容でした。トランスペアレンシー・ジャパンの石井さん、溝口さんありがとうございました。 (live at http://t.co/xpphyey)
09-02 13:15

Ustreamの「Milai」にチェックイン! http://t.co/xpphyey
09-02 13:13

08/31のツイートまとめ

  • Day:2011.09.01 00:00
  • Cat:魅力
omiya_n

Ustreamの「Milai」にチェックイン! http://t.co/xpphyey
08-31 20:33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。