月も溶けたか

先ほど、深夜0時40分ごろ。

melting_moon
スポンサーサイト

心を虚しくして思ひ出すことが出来ない

高校の現国で読んだ「無常といふ事」(小林秀雄)は難しかった。
記憶に残っているのは「心を虚しくして思ひ出すことが出来ない」という一節である。

この部分、誤読していたのでよく覚えている。
「心が虚しくなっているから思い出せないのだ」という意味だと思っていた。それが、授業中に「心を虚しい状態にして思い出すことが出来ないのだ=心を虚しくできず思い出せないのだ」という意味だと教えられ、とてもびっくりしたことを覚えている。「虚しい」という言葉は否定的だと思っていたから後者のような解釈はできなかったのである*。

しかし、その部分の意味がわかったとしても、このたかだか文庫版で4ページちょっとの随筆が理解できたわけではなかった。30年余ぶりの今日、3度読み返して、おぼろげながら小林の意図が見えた気がする。

小林が比叡山に行ったとき、「一言芳談抄」の一文、比叡のなま女房が毎夜鼓を打って「とてもかくても候、なうなう」とうたうという話を思い出し、ひどく心を動かされた。それがなぜなのか、あとになってみると思いだせない、そのとき何かを思い出していたのに…、それは鎌倉時代かもしれない、と小林は言う。

歴史と相対する時、記憶するだけではだめで、思い出さなければならないと小林は言う。ここで初めて彼の言う「思い出す」という言葉が、自分が体験したことを回想することだけではなく、生まれていない過去にあったことを含めて対象にしていることだと気づく。

そして、「多くの歴史家が、一種の動物に止まるのは、頭を記憶で一杯にしてゐるので、心を虚しくして思ひ出す事が出来ないからではあるまいか。」と続く。

彼は比叡山で「青葉が太陽に光るのやら、石垣の苔のつき具合やら」を一心に見ながら、心を虚しくしていた。そして「一言芳談抄」の一文とともに、鎌倉時代を思ひ出す事ができたのである。ここまでは文意がわかったつもり。

「上手に思ひ出す事は非常に難しい。」最後の段落はこう始まる。しかしこの6行は、何度読んでも心で理解することができない。「飴の様に延びた時間」、「常」と「無常」が示すものを想うことができないからだろう。もう30年楽しめる。

「上手に思ひ出す事は非常に難しい。だが、それが、過去から未来に向かつて飴の様に延びた時間といふ蒼ざめた思想(僕にはそれは現代に於ける最大の妄想と思はれるが)から逃れる唯一の本当に有効なやり方の様に思へる。成功の期はあるのだ。この世は無常とは決して仏説といふ様なものではあるまい。それは幾時(いつ)如何なる時代でも、人間の置かれる一種の動物的状態である。現代人には、鎌倉時代の何処かのなま女房ほどにも、無常といふ事がわかつてゐない。常なるものを見失つたからである。」

*一字一句にとらわれた解釈を小林に嗤われているようである。

旭市行政改革推進委員会

12月21日に第2回、3月18日第3回(早退)、7月2日第4回と開催されてた。

この間、第一次アクションプラン(2005~2009)に続いて第二次アクションプラン(2010~2012)が制定された。各回の記事録は下記ホームページをご参照。
http://www.city.asahi.lg.jp/section/gyoukaku/

さて、大きなトピックは、公共施設の統廃合である。
4市町が合併した当然の結果であるが、市内には類似施設が複数あるものが多い。いい例が図書館だ。市立図書館は旭、飯岡、海上、干潟の4か所に存在する。各市町が設置していたからだ。それはちょっと多すぎじゃないか、例えば人口規模で同等の市には、一つか分室をもうひとつあるくらいじゃないのか?という考えが生じてくる。おまけに県立図書館もあるから過剰感をいや増す。スポーツ施設もそうだ。野球場が4、健康増進施設が3(?)等々存在する。

もちろんこれは合併以前の各市町が住民サービスのために設置してきたことである。それはそれでよいのだが、合併となればこれらを統廃合して管理コストの縮減を目指すべきだという議論が生じるのは理解できる。そしてそれが総論賛成-各論反対の展開となるのは火を見るよりも明らかだ。

例えば4つを1つに統合するというとき、考えなければならないのが、この地域を集積的な形にするのか、分散型にするのかという視点だ。旧旭市中心街のものを残して、他を廃止するというのが集積的なやり方である。地理的にも旧旭市は4市町の真ん中あたりに位置している。経済学でいう「集積のメリット」あるかもしれない。

逆に分散型というのは、例えば市立図書館は海上に統合して、野球場は干潟を残す、というようなやり方だ。地域の不満が多少抑えられるのと、お互いに各地域を訪問する機会が増えるというメリットが見込める。

商業施設としては旧旭市国道126号線沿いへの集積が近年進んだ。人の移動や交通手段(コミュニティバス)のハブとしてもう一つの核となっているのが旭中央病院である。さすれば、公共施設の配置はいかなるべきなのか、とういのが今後議論されなければならない点であろう。

※ ※ ※

統廃合の前提として明らかにしておかなければならないのが、市の財政は本当に苦しいのか?ということである。

平成21年度の一般会計では、歳出が242億、歳入が255億。さらにそのうちの公債費と市債を減じた額はそれぞれ211億と240億となっている(広報あさひ6/1号)。ということはよく言われるプライマリーバランスは黒字ではないのか?どうしてそんなに支出削減を、つまり行政サービスの低下を進めなければならないのだろうかという疑問が湧く。

一つには合併による特例が5年後にはなくなるから、というのがその理由らしい。合併を推進するために国が用意した施策は様々あるが、財政的に重要なのは次の二つだろう。

1.合併後の市町村の状態で算定した地方交付税額が合併前の市町村それぞれ別々に存在するものとみなして算定した交付税額の合算額を下回らないように算定する特例
2.合併後10年間に限って認められる財政的に有利な借金。事業費の95%にあてることができ、返済額の7割が地方交付税の算定基準に上乗せされる。

1.によって、5年後には地方交付税が減少する。2.によって、今後は公債の起債が難しくなる。

で、それがいくらくらいになってしまうのか?プライマリーバランス上いくらのマイナスが生じそうなのかを明らかにしてほしいと思っている。

例えばそれで10億円の赤字が見込まれるのならば、そのうちの3億円を公共施設の統廃合によって補いましょうという議論が出来る。3億円カットするには例えば4つの野球場を1つにせざるをえないという論理もありえよう。

パブリックセクターは金を使って循環させるのも一つの使命であるから、全てを縮減することが是ではない。今公共施設に使っているお金は、知的体力的に優れた人たちを雇用することにもつながっているのだから、減らす理由を自ら考えるべきだ。事業仕分けのムードに乗ってやってしまうような愚はやめたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。