倒れる

これほどよく倒れるものを私は知らない
しかも必ず不ぞろいで、ふたはない
握りやすくするためについていたはずの柄もない

足にぶつかり、何かをとる拍子に落ち、集めて入れたとたんにまた倒れ散らばる
すでに4万6千回は転がっただろう

これに罪はない
倒した人間が悪いのだ
しかしこれをセットにしたときに、倒れる運命がビルトインされてはいなかったか

今もどこかで誰かが必ずこれを倒している

minidrivers
スポンサーサイト

パシコンの贈賄事件

知り合いの名前をメディアで目にすることがとても多くなりました。そういう年なのかも?

いいニュースならいいのですが、今回のはいただけません。
PCI(パシフィックコンサルタンツインターナショナル)の一連の事件です。中国の遺棄科学兵器処理事業での水増し請求から、ベトナムの橋梁事業(円借款)での贈賄へと発展してきました。贈賄額はなんと、1億円と報道されています。

パシコンさんとは何度かお仕事をしました。インドネシアでも地域開発計画の策定をしてくださいましたし、津波直後のアチェにも一緒に行きました。そう思うとこのニュースは一入です。

円借款では、プロジェクトのコンサルタントを選定する権限と責任は相手国政府にあります。無償資金協力では、相手国政府は原則的にJICAが推薦するコンサルタントと契約しますので、贈賄する必要性はありません。ローンとグラントとの大きな違いの一つです。無償のコンサルタントはJapanese nationalですが、借款では国内だけでなく外国のコンサルタントとの競争にさらされます。そのためPCIは贈賄という手段に出たと伝えられています。

だからと言って、無償のほうは何にも問題がないわけではありません。コンサルタント契約時には一応問題はありませんが、そのコンサルタントがプロジェクトの設計・仕様(Terms of Reference)を策定して、それから建設業者や商社が参加する入札を行う段になって、いろいろとあるようです(私は噂しか知らないのですが)。

ですから、不正競争防止法ができてから、いつかは大きな贈収賄事件が摘発されるだろうと思っていましたが、私は建設業者か商社がターゲットだろうと想像していました。なんとなく、コンサルタントは公正だと思っていたんですね。そういう意味でも、この事件はショックです。「泥棒を捕らえてみれば・・・」というのに近いですね。

PCIの企業体質がこのようなものであったとするならば、無償でも開発調査でも同様のことが生じていた(いる)かもしれません。個人的にはとても頼もしい方と思っていた人たちが、自ら手を染め、あるいは会社のこういう体質を見て見ぬ振りをしていたのかと思うとさびしさを禁じえません。

今回の事件はベトナムだけで終わることはないでしょう。

PCIの事業はオリエンタル・コンサルタンツという会社に引き継がれるそうです。

職住分離

二年間ほど、自室を仕事場にしてきました。
朝起きるとすぐパソコンをオンにしてメールをチェックし、迷惑メールしか来ていないのに落胆し、スパイダーソリティアを始める。そうこうしているうちに朝飯を作らなければならず、ゲーム途中で腰を上げる。朝食後は仕事を始めたり、ちゃんと着替えて仏壇に線香を上げたり、順不同の生活でした。

今月の中ごろから、職住を分離することにしました。と言っても通勤時間はわずか10秒。目と鼻の先にあるアパートの一室に通っているのです。

この変化は意外に大きいものです。
ADSL回線(当地には光がまだ来ていないのです)を移しましたので、自室ではインターネットもメールもできません。メールチェックするには、30メートル先の仕事場までいかなくてはいけない。すると、やっぱり一応ズボンかジャージかなりを履かないとなりません。そうするくらいならば、先に朝食を作ろうか、そして仏壇に手を合わせてから仕事場に行こう、という順番になりました。

早く目覚めたときには、PCをいじらずにボーっとします。
このあたりは夏でも朝は涼しいのですよ。
昼食と夕食に自宅に帰って、また仕事場でああでもないこうでもないとやります。
なんか生活にメリハリがちょっとつきました。

一つだけ公私混同が解消できていないのが、夕食後の時間。食事中に焼酎を二杯くらい飲みますが、一っ風呂浴びても酔いが醒めないときは、仕事場に行ってもソリティアをしてしまいます。なんとかならんもんですかね。

どうしてアパートの一室を借りたかというと、こんなことを始めたからなのです。パソコン3台だけですが。

いやな感じ

高見順の同名の小説は読みたいと思いつつ、というところだが、最近こう感じることが多い。

イタリアのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に落書きした大学生が停学処分になり、高校野球部の監督が解任された。案の定イタリアでは「信じられない厳罰」という声が挙がっている。

「イントレランス」という1916年の映画は、「いつの時代もイントレランス(不寛容)が世を覆っていたことを描き、人間の心の狭さを」(Wikiより)テーマとしている。「盗人の種」と同じく非寛容も世の常かもしれないが、今の日本は結構イントレラン度が高いのではないか?

自分が喫煙者だからというのもあるかもしれないが、東京の喫煙場所の異常な風景を見るにつけ、こんなところに暮らしてなくてよかったと思う。
高遠さんたちがイラクで人質になったころからか、食品の偽装などなど社会はバッシング対象を求めて虎視眈々としているように感じる・・・
というようなことを知人に話したら、地元の県立高校野球部員が他校の監視カメラを壊したという理由で退学処分になったとのこと。もちろん器物損壊は悪い。犯罪だ。でも一方的に肖像権を侵害している監視カメラに敵意を抱く気持ちも分からないではない。

もうひとつ最近知っていやな感じをいだいたのは、航空会社が予約や変更を受け付ける電話が録音されているということ。録音していることを最初に伝えるのだが、応じないと受け付けてくれないらしい。言った言わないのトラブルやクレーマーが多いためだという。学校現場でも親からの理不尽な要求を録音しておくことが推奨されていると聞くと、これはクレーマーによるバッシングと表裏一体なのかもしれないと思う。

バッシング社会は過度の護身を生む。野球部監督が解任されたのも、バッシングを恐れてのことだろう。安倍政権は赤木農水相らの更迭時期が遅れたために政権を投げ出さざるを得なくなった、セキュリティ意識に欠けていたと評論家は言う。でも世の中みんなセキュリティばかり気にしていると護身社会になる。これは今起こっているもっともいやな感じのする悪循環である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。