映画「干潟八万石」

前からその存在は知っていたのですが、ついに入手しました。昭和29年に製作された映画「干潟八万石」DVD版です。

毎年2月に行われる水神社のお神楽が、千葉県の無形民俗文化財に指定されたのと、同じ日に三つの村が合併して海上町(現旭市)になったことを記念して製作されたものです。

主演女優は公募で選ばれた藤田文子さん(銚子市)、先生役を演じています。私の通った櫻鳴(おうめい)小学校4年生の児童達も出演しています。

お話は、水神さまのお神楽は何のためにやってるの?と子供から素朴な質問をされた先生が、よしとばかりに町の歴史を子供達と調べ始めるというものです。岩井の不動尊や、飯岡の屏風ヶ浦、八日市場のタダヤ前など親しみのある場所がたくさん出てきました。

昭和29年ってああだったんだなあ、貴重なフィルムです。2004年に町制50周年を記念してDVDに焼き直してくれました。1800円で公民館で販売しています。近在の方には、是非お薦めの一枚。今年も2月4日にお神楽が奉納されます。わくわくしますね。

tengu

スポンサーサイト

謹賀新年

lima anak kecil

明けましておめでとうございます。
本年もぼちぼちアップしていきますのでごゆるりとお付き合いください。

上の写真はインドネシア、ナングロ・アチェ・ダルサラム(NAD)州北部のロクスマウエというところで撮りました。今回アチェで撮った写真で最も評判のよかった一枚です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。