産廃処分場差し止め裁判

  • Day:2007.02.10 21:59
  • Cat:動機
銚子市、旭市、東庄町にまたがる管理型産業廃棄物最終処分場の差し止め訴訟の判決が1月31日に行われました。
結果は、原告側の主張を概ね認めるものでした。今夕、その報告会が松ヶ谷共同館で開かれるというのでお邪魔してきました。原告の産廃反対東総住民連絡会の主催です。
松ヶ谷報告会


いろいろ勉強になりました。ポイントを整理します。
(1)産業廃棄処分場には安定型と管理型があり、安定型は、廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず、陶磁器くず、がれき類の5品目を埋め立てます。これらは時間が経過しても性質が変化しないものです。管理型は、汚泥や燃え殻など、時間が経過すると変化するもの、つまり汚水が染み出したりするものを扱います。こちらの方が遮水シートを敷いたり手間暇がかかります。
(2)今回争われたのは管理型タイプです。遮水シートを敷き、その下には粘性土ライナーというものがあり、漏水検知システムや水処理装置で汚染を防ぐという計画のものでした。管理型処分場での差止め判決は鹿児島県鹿屋市の訴訟に続く2例めで大変意義深いこと。(安定型では勝訴例が多いようです)
(3)判決のポイントは、a)技術的な疑問(遮水シートには破損事故の事例があること、粘性土ライナーは地下水に直接触れると機能しないこと)、b)実施業者の維持管理能力への疑問(資金計画に無理があること、多額の債務があること、同和団体を称する組織を使って原告側に圧力をかけたことなど)です。
(4)公判のたびに多くの傍聴人が詰め掛けたこと、裁判官の現地調査の際にも訴えかけたことが、効果的だったこと。
(5)被告側の控訴期限は2/14。今後も買収などいろいろなことがあるだろうが、団結する必要があること。
(6)千葉県を相手取っている行政訴訟は、3月13日に結審、5月の連休明け頃に判決となるのではないか。これに勝利することがとても重要なこと。

いったい県は何を考えているのでしょうかね。裁判官よりも県の許可担当部局の方が産廃処分場についての知識は多いはずです。その県が許可した計画がこんなずさんなものだったんなんて。調べてはいませんが、県は条例や内部規定どおりに「審査」して許可したとか主張しているんでしょうね。これやばいよなあとか思っても、役人って淡々と進めちゃいますし。この人たちの真剣な表情を前にして、そんなことが言えますか。

松ヶ谷の人たち

スポンサーサイト

里山シンポジウムに行ってみよう!

  • Day:2006.05.07 20:17
  • Cat:動機
 しばらく忘れていましたが、そもそも花の里山計画を考えたのは産廃問題がきっかけでした。
 ふるさとの千葉県北東部は産廃銀座と呼ばれるほど、谷津田や里山が産廃に侵されているのです。それを少しでも食い止めるために、花の里山を創ろうというのが趣旨です。

 さて、5月20日に八千代市で里山シンポジウムが開かれるとのことです。県内各地の里山の現状について、写真展あり、講演会ありでinformativeです。

 パソコンを捨て、街へ出よう!

緑がどんどん消えていきます。

  • Day:2006.03.20 02:55
  • Cat:動機
 昨秋紅葉の写真を撮った植木屋さんの木々、こんなになっちゃいました。
 ueki

 4年ちょっと前住みはじめた拙宅周辺には、公園や植木の畑、野菜畑があって結構気に入っていたものです。でも、どんどん宅地になってしまいます。右に並ぶ建売住宅も以前は植木畑でした。バス停から見えた富士山も建物で隠されて、毎日の楽しみがずいぶん減りました。
 この植木畑にはキジバトがよく来ていました。そういえば、今日は我が家の庭にキジバトが番で来ていて久しぶりだなと思っていたのですが、いつもの場所がこんなになってしまったからなのですね。

 毎度宮本常一の話で恐縮ですが、彼が渋沢敬三宅での居候生活を終わりにして家を購入しようとしたときの話です。「麦畑の中でヒバリの鳴いてあがるようなところ」を探したところ、国分寺にぴったりの物件がありました。昭和36年のことです。駅から続くケヤキ並木を抜けると、麦畑に囲まれた緑の屋根の小さな家が見え、ヒバリが空で鳴いていました。「夢は現実にもあるものだ」と宮本は思いました。毎日散歩しながら仏壇屋のお爺さんから昔の話を聞いたり、ケヤキ並木を歩行者専用にしてオープンカフェでも設けたらいいのになどと考えていました。
 ところが間もなく、道路拡張のため、ケヤキはほとんど伐られてしまいます。宮本は嘆いています。
 「今の人たちには、便利にさえなるのならどんなことをしてもいいという考え方がいつの間にかひろがってきて、ひたすら便利だけを追求する。そのためには木を伐ってもいい、山をくずしてもいい、溝はうずめてもいい。開化のためにはやむを得ぬという考え方が全般的なものになってきた。そして私の家の周囲の畑にも家がたちならんで、昭和40年ごろにはもうヒバリも寄りつかなくなってきた。私は風景はかわるものだということを見通す眼をもっていなかった。そして私の夢はつぶれた。」

ターシャの世界

  • Day:2005.09.23 22:42
  • Cat:動機
 今朝NHKで放映してました。アメリカの90歳の絵本作家ターシャ・テューダーのお家と庭と生き方をです。
 花の里山で暮らしたいという想いは、ターシャの世界を知ったことにも影響されています。
 バーモント州の広大な敷地に一人住むターシャは、アメリカ開拓当初の生活をなるべく実践しようと、服装から食べ物、住まいまで実にマメに働いています。写真集である程度知っていましたが、ろうそくまで手作りしているとは思いませんでした。芯となる木綿糸を蜜蝋の入った甕に何度も浸して、蝋を太らせていくんです。それを何と一冬分1000本も。自給自足って大変です。




 何とも素敵な人生です。本当に憧れます。雪もいいですね。千葉にはあんまり雪が降らないからなあ。

山砂採取地の跡に出くわす

  • Day:2005.05.19 07:20
  • Cat:動機
shimohusa2.jpg

 ここは東関東自動車道の成田空港ICから北上したところ、千葉県下総町の(元)里山です。右端の緑の部分は田んぼ、稲がすくすくと育っています。2004年7月のことです。

 中央にぽっかりと開けたところがあります。一見田植前の田んぼのように見えます。減反してるんですかなあなどと考えていましたら、偶然通りかかったこの土地の持ち主のおじさんに話を聞くことができました。

 実は、ここは山砂を採取した跡なんだそうです。成田空港が近いこともあって、工事用コンクリートのために大量に使われたのです。

shimohusa1.jpg

 この写真は法面の上から同じ場所を反対方向に撮影したものです。右手前のむき出しの白茶けた地肌が痛々しい感じですが、地肌に点々としたものが見えますか?これは苗木です。植林したばかりのようでした。おじさんに何で木を植えてるんですか?と今思えば間の抜けた質問をしたところ、「元の山に戻すだっぺ」と、正統な千葉弁で答えがあり、ああここは山だったんだと納得した次第です。

 ちょっとうれしくなりました。この苗木が育てばまたここは緑に覆われるんだなあと想像しました。砂を採られて高さはないからこんもり感は出ないけど、それこそ「平地林」ができるんだ、と楽しみになりました。

 5年後、10年後に再び訪れてみたいと思っています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。